訴求ポイントをおさえた看板とテレビコマーシャルで集客しよう

女性

新規開拓のヒント

会社

法人営業をして新規客を獲得する場合、まずはテレアポや飛び込み訪問などを一番に思い浮かべられるでしょう。すぐに実践できて、なおかつ数を稼ぐことができるので営業の基本として用いられます。ただ、よくよくみて見ると、アポを取る割合が低く断られるケースも多いことから、法人営業の柱をここだけにおいておくのはリスクがあります。ですから、他の営業手法も軸において進めることが大切です。
テレアポや飛び込み訪問とは異なる方法でターゲットを獲得できる手法は、DM。企業の宛先に宣伝する商品やサービスをお知らせしたチラシやハガキを送るものです。これもあまり効果がないように見えがちですが、実はターゲットをうまくセグメントすれば効果が上がります。ですから、ニーズのある企業向けに法人営業用のDMを送付することで、アポを取る確率が増えて売上アップが見込めます。

DMを使用した法人営業は、テレアポや飛び込み訪問では接触できない企業にもアプローチすることも可能。特に大手企業やなかなか代表取締役にアポが取りづらい企業は、門前払いとなってしまうケースが多いです。しかし、DMで宣伝する内容さえしっかりアピールしておけば、その企業でプラスとなるものなら検討してもらえます。そこから、関係部署や代表取締役の検討や決済までいくため、案外スムーズに進めやすいわけです。ただ、いくら魅力的な商品やサービスであっても、アピール不足になれば意味がないので、ポイントを明確にするようにしましょう。